読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安い店みつけた!?こんにゃくがセールに関係なしの安さ 2017年度 こんにゃく粉

もう少し少量にわかれたパックがあると便利かなと思いました。今回初めてこんにゃく作りに挑戦しました。ただ一点気になったのは、肌が弱い人やアレルギーのある方は手袋を必ずお勧め。

早速ご紹介♪

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

こんにゃく こんにゃく粉メール便送料無料】★群馬県産特等粉(こんにゃく精粉)★こんにゃく粉[50g×2]【M】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

「のりかき」に結構力いること、どれくらいまで練れば良いのか等、写真だけでは迷いました。生芋の保管用に冷凍庫にスペースを空けないといけませんしね。刺身蒟蒻にも最適でした。市販のこんにゃくとはまるで別物!本当に美味しかったのですが!洗ったり皮むいたり擦ったりするのが大変でした。あと25gしか残ってないので!リピする予定です。我が家は蒟蒻粉と生芋を上手く取り混ぜながら作ろうと思います。おでんに入れるために、湯通しして煮込むと、味沁みの良い市販のこんにゃくという感じになります。こんにゃく作りを子供と一緒に行いました。商品は50g*2パックで届きます。。ぷるぷるのさしみこんにゃくが出来ました。もちろん生芋の癖がおいしさの一部ではあると思うんですが!刺身で食べるには粉の方がずっと癖もなく見栄えも良いです。なので小袋になっているのは嬉しかったです。とってもお得感あるし!練って気泡が入っているせいかワサビ醤油の付きもいいです。他はレシピに準じて作りました。保管場所も取りません。ありがとうございました。友人にお裾わけしても!たっぷり食べられます。三んどめの購入です。お友達にもこんにゃくファンが多そうで!評判になってるようです。もう1パックは友人も作りたいとの要望で2家庭で分けました。そこで粉のほうを試しに注文。ポイント消費で試せたのはとても良かった。灰汁が強いのか少し手が痒くなりました。確かに生いもとは食感も味も全然ちがいます。試しに作ったら!市販のもののようにつるっとはしてないけれど!風味がよく食感もなかなか!病みつきになりそうとのこと。もうスーパーで市販のこんにゃくは買えないかも(笑)。作り方を写真ではなく!動画でも紹介してもらえると嬉しいです。これまで生芋を使って蒟蒻を作っていましたが、1kgを加工するのに二人がかりで3時間以上・・素人の趣味で作るには良いんですが、それでもちょっと大変でした。味はとても美味しくまたリピートしたいと思います。粉を初めて試してみたんですが、まず、楽!そしてきれい!びっくりするほど真っ白です。説明書通り作れば初めてでもできると思います。柔らかくて癖の無いおいしい蒟蒻が出来ました。色々試しましたが!米3合に小匙1入れ!水を100ccくらい多めに入れて炊くと丁度良かったです。手に入らないもので!手作りできるなんて感激!これで「おでん」「筑前煮」を作って!ホームパーティーするそうです。ただ、一袋でかなりの量ができるので注意です。私の住んでいる南太平洋のちっぽけな島でも!手軽に作れて刺身やピリ辛煮などにして食べられるので大変便利です。。でも作ること自体は手間はかかかりますが、難しくはなく、試行錯誤すれば出来そうです。海外在住です、日本食品があまり手に入らない地域に暮らしており、たまに無性にこんにゃくが食べたくなります!近所の日本人の友人にも分けて喜ばれています。以前、こちらのショップさんで生いもを購入しました。手作りこんにゃくを初めてやってみましたが初心者でもなんとか形になって良かったです。海外に住む妹に頼まれて!今回初めて購入しました。今の量の半分の大きさの小袋サイズがあるともっと便利ですね。しかし、完成後のこんにゃくの量には驚きました。しかし生芋で作ったこんにゃくの方が、しこしこしていて美味しいですね。ようやく作るのに慣れてきました。量的にはかなりお値打ち感ありですが!1回に作れる量がもう少し少なくても良いと思います。(規定の量だと!ざらついた感じだったため)のりかき前の寝かせる時間は!一時間とりました。手造りならでわの美味しさがあるので!又リピしたいと思います。1袋でかなりの量ができます。自分で作るとシコシコして美味しいです。。そして何よりおいしい!! 味のしみもとてもいいです。おでんにしました。コツは時間がある時に!なるべく大きな鍋で素早く作る事でしょうか。特に難しい工程はなく!あっけなく作れてしまいました。けれど、ツルっとしてヘンに固く味が粗雑な市販の刺身こんにゃくの10倍は美味しいです。嫌なにおいがしません。今回、こんにゃくそのものを作るのではなく、こんにゃくゼリーを作ってみようと挑戦するべく購入しました。一袋を一度に作るとかなりの量なので!現在の半量ほどの小袋にしていただけると助かります。 添付のレシピ+400CCの水を足して作りました。私の場合は小ぶりの板こんにゃく4枚と!握り拳くらいの大きめ玉こんにゃく15個ができました。ヘタしたら紛れてしまって探すハメに(笑)うちでは刺身にするのでプルプル感を出すために!レシピよりもかなり水の量を増やしました。ですが!こんなに沢山作れるなんて。。ちょっと、面倒くさいかな〜と思いながらも作り始めると案外簡単です。練ったりこねたりするのが楽しいです。最初は、書いてある量より水を倍に増やして作りましたが、柔らかすぎで、ゼリーにはならず失敗しました。添付していただいた「ひじき」も嬉しかったようです。50gで2キロのこんにゃくになりましたから、コスパは良いと思います。本当に50gの粉で「大きめの」6丁が作れてしまいました。。味の方は大変美味しく、臭みも少ないです。ちょっとコツが必要、と言うか、練り終わるタイミングが少し難しいですが、初心者でも十分おいしいこんにゃくが出来上がります。今回はこんにゃくが主役です。リピートしちゃいそうです☆健康の為に今まで糸こんにゃくを、カラ炒りしてみじん切りにしてからお米と一緒に炊いていましたが、粉になっていると、その手間が省けて超楽チンです。大き目の鍋とボールは必須!!練るのに多少腕力が必要ですが、女性の方一人でも十分対応はできる範囲です。それに粉なのでとってもコンパクトに保管できます。凝固剤?のカルシウムは、炭酸ソーダよりも断然良いです。(当たり前か・・・)これを1家庭で消費するのはキツイかも。ブリンブリンで中まで味が染みて!とてもおいしいです。25gに対して1200ccの水で、出来上がりは板こんにゃく4枚です。何より!素人でも簡単に比較的できる事。作り方も丁寧に書かれてたのでかんたんにできました。