エディ・ローソンが「4つ星」の納得価格 | ワイン・ガードナーロスマンズがおすすめ♪

88NSRロスマンズ欲しくなりますね。分かる人には分かるこだわり。やはり80年代後半〜90年代前半のGPシーンが一番おもしろかったですね。

コチラですっ♪

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

ワイン・ガードナー エディ・ローソン ロスマンズRACERS(volume 04) ワイン・ガードナーエディ・ローソンのロスマンズNSR500 (San-ei mook)

詳しくはこちら b y 楽 天

写真も多く、大変満足しています。あんまりバイクは詳しくないのですが!バイク模型をみてカッコイイなともったのが!タミヤのNSR500(ロスマンズデカールではない)でした。記事自体はライディングスポーツのものだと思いますが、綺麗な写真とともにまとめられておりコレクターアイテムになりそうです。チャンピオンエディ…いまだに私の憧れです。この頃は夢中になって雑誌等を見てたものです。同じNSR500という名称でも!細かく年度ごとに変更がされているのをこれで初めて知りました。いつ見てもかっこいいです。88NSRに憧れたことを思い出します。市販250のロスマンズに乗ってました。次号はGSX-Rだって電撃移籍でいきなりチャンピオンになって伝説になったローソンとホンダ、プロフェッショナル同士が苦闘しながら勝利に向けて妥協なき戦いを進めてた様が見て取れます。ワイン・ガードナーとエディー・ローソンを中心にまとめられています。89NSRに新車で乗り初め今でも自宅に保管しております。あの当時、エディの電撃移籍にはビックリさせられましたね。ロスマンズのNSR500の本です。後年!ローソンも語ってますが!もしあのままホンダに残ってたら!歴史は変わってたでしょう。読み物としても面白くて!いい買い物ができたなと思います。我が青春のロスマンズブルーのNSR特集です。ローソンも認めたライバルであったガードナーにマシン開発能力がやや欠けていた、という背景が、また話をややこしくしてるのは外野から見れば面白いです。懐かしいです。。80年代後半はローソンとガードナーの2人を中心に回ってたんだな、と改めて実感しました。NSR&ロスマンズですよ。懐かしいグランプリ時代、2st500の帝王NSRの黄金期第一期、今だから話せる逸話が満載です。世界最強マシン HONDA NSR500ホンダ好き!NSR好きにはたまらない至極の1冊です。前号までに比べて技術的な情報が多く読み物としても満足です。前号(シュワンツ)に引き続き買ってみました。ガードナーかっちょいいなぁ。機械部品の色を本物に近づけたくて、資料用に買いました。